【隙間 根絶】気密測定

冬 寒い家はいや!

夏 涼しく冬 暖かい家づくりには、高気密高断熱住宅にする必要があると多くの住宅メーカーが説明していると思います。高気密とは気密性能が高いことを言い、住宅の「隙間」が最小限で、外気の影響を受けにくいように対策を施した状態を指します。

ストレスフリーな家には「高い気密性」が欠かせません。

気密性が低い(隙間が多い)と冬場は外からの冷たい空気が、特に床近くの隙間から入ってきます。底冷えの原因でもあります。また夏場はジメジメした熱い空気が隙間から入ってきます。隙間から 不快な状態の空気が入って来るわけです。これでは計画的な換気が出来ません。

断熱性能の高い壁・サッシにするのであれば、せっかく快適にした空気は逃さないようにしたいものです。高気密高断熱住宅は、結露を起こしカビが至る所に生えてしまうという見解もあり、だから気密性は中くらいでいいという考えの方もいますが、家全体の温度差を無くし、計画的に家全体の換気が出来るようにし、湿気がどこかで溜まってしまわないように素材選びをすることで解決します。

また隙間が多く空気が至る所から抜けている状態では、換気設備をつけても十分に空気を吸って吐いてが出来ず、全体の空気を循環させてあげることが出来ないため、空気が溜まってしまう場所で結露となってしまうことからも、高気密にしてあげる必要があります。

真冬に数時間に1度、窓を開けて換気を行うご家庭もまだまだあると思いますが、外の冷たい空気をそのまま入れると、暫くは家の中で凍えることになりますよね…。近年では熱交換式の換気設備というものが出てきていて、外の空気を適温にして中に入れるようなものもあります。高気密高断熱住宅には、熱交換式の換気設備にすることで、より快適になります。また近年問題になっている超微細な粒子のpM2.5や花粉などもシャットアウトするフィルターもつけられるものもありますので、綺麗で快適な空気にしたものを、換気設備から計画的に取り入れるようにするためにも、高気密にしてあげたいものです。

住宅の隙間の大きさを知ることが出来る気密測定

「気密測定」とは住宅の隙間の量を計算する検査のことです。
この隙間の面積はC値という値で示され、この数値が低いほど高い気密性能の住宅(気密住宅)となります。気密性は地域や市町村単位によって要求度合いが異なり、北海道や青森県、岩手県、秋田県など寒冷地ではC値が2.0以下で気密住宅とされており、それ以外の地域はC値が5.0以下の住宅を気密住宅とされています。

33坪くらいの家でC値が5.0だと、隙間がハガキ3枚分くらいになります。

家の一部にハガキ3枚分の穴があったとしたら、どうでしょう…。これでも気密住宅と言われています。一般的な住宅だとC値が10や20くらいとも言われており、ハガキ6枚・・12枚分の穴が空いた状態と同じです。

当社では、C値 0.2㎠/㎡以下(名刺の半分以下)の超高気密住宅の建築実績が御座います。

材料・工法・設計・施工と全てにおいて、高い気密性を出すことを念頭に進めていくことで実現。建築中・完成時の2回 全棟で気密測定を行っています。実際に測定しないと気密性の数値は出ません。

気密測定は自社の物件だけでなく愛知県内(その他東海エリアは応相談)で行なっております。同業他社様、他工務店・ハウスメーカーで建築されているお家も対象です。

完成時の確認だけでなく、建築中 気密を取った時点で行うことで万が一の際、手直しが行えるので安心です。実際に高気密住宅の設計・施工を行なっておりますので高気密にするノウハウを蓄積しております。

気密性をしっかり確保することで、安心・快適に暮らせる家づくりのお手伝いを行なっております。

こんな方におすすめです!

  • 家をこれから建てられる方
  • 冬の底冷えで足元の寒さが嫌な方
  • 計画的な換気で、快適な空気環境を求められている方

サービスの流れ

①ご依頼

②日程の調整・図面のご提供(施工業者様とのお打合せ)

③気密測定器で測定(その場で結果が出ます。)

④メールにて測定結果を送付

サービス料金

【隙間 根絶】気密測定 50,000円(税別)

※ 1回の気密測定の費用となります。漏気箇所の確認や測り直す場合は別途応相談となります。

    • 新築のご計画時(設計、工事中)でも可能です。
    • 調査をするにあたり、窓・換気扇等全て締切る必要があります。
    • 事前に建築業者様に隙間となり得る部分の調整を行なって頂いた上で検査致します。
    • 隙間が極端に大きい場合、計測不能の結果となる場合が御座います。
  • 出張料金

以下の基準表に基づき出張料金を申し受けます。(高速自動車道料金 価格に含む。)

当社拠点からの片道距離 出張料金(税別)
~40km 無し
~60km \6,000
~80km \9,000
~100km \12,000
※ 100kmを超える分については、片道20kmあたり\3,000(税抜き)を加算します。

※ 距離の算出に関しましては、当社 本社 愛知県西尾市吉良町富好新田四縄17−2からの距離を基準とします。片道40kmまでの範囲は、出張料金をサービスさせて頂いております。

計算方法 グーグルマップで当日一番 移動時間のかからないコースを採用。

調査日 移動後に、大雨や強風で検査出来なかった場合に関しては、出張料金がかかりますので予めご了承下さい。前日の天気予報で、予定を変更させて頂く場合は、動いておりませんので、出張料金は発生致しません。小雨や弱風程度の場合は調査可能ですので、台風や大雨・予め雨が予想されている場合に、日程調整させて頂いております。

真冬の朝、キッチンで足元から凍えながら お弁当の用意をするのは、”嫌”ですよね。隙間が無いかを確認しながら建築すると安心です。

気密検査のご希望日をお教え下さい。

建築中の際は施工業者様と打合せの上、調整させて頂きます。

気密検査 ご予約フォーム

必須
お名前
必須
メールアドレス
必須
お電話番号
検査希望住所
第1希望日
第2希望日
第3希望日
お問合せ詳細

LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

©  竹内工業 株式会社 All Rights Reserved.
PAGE TOP