気密測定で隙間風のない家を

気密測定が必要な理由

家の中にいても手足の指先が冷たくなる末端冷え性で、ひどい場合は頭痛をおこしたり、夏 蒸し暑く、夏バテ気味が続いてしまう。空気清浄機をつけていても、花粉やPM2.5で涙がとまらず。このような経験ありませんか?

それは、家の隙間が原因かもしれません。

隙間が多いことを、住宅の建築では「気密性能が低い」と言います。気密性能が低いと冬場は外からの冷たい空気が、特に床近くの隙間から入ってきて底冷えの原因となります。また夏場はジメジメした熱い空気が隙間から入ってきます。花粉やPM2.5など目に見えないくらい小さな粒子なども隙間を通って 不快な状態の空気が入って来るわけです。

ストレスフリーな家には「高い気密性能」が欠かせません。

高気密と高断熱は両方しっかりしていることで効果を発揮します。断熱性能の高い壁・サッシにするのであれば、せっかく快適にした空気は逃さないようにしたいものです。高気密高断熱住宅は、結露を起こしカビが至る所に生えてしまうという見解もあり、だから気密性は中くらいでいいという考えの方もいますが、家全体の温度差を無くし、計画的に家全体の換気が出来るようにし、湿気がどこかで溜まってしまわないように素材選びをすることで解決します。

隙間が多く空気が至る所から抜けている状態では、換気設備をつけても十分に空気を吸って吐いてが出来ず、全体の空気を循環させてあげることが出来ないため、空気が溜まってしまう場所で結露となってしまうことからも、高気密にしてあげる必要があります。

真冬に数時間に1度、窓を開けて換気を行うご家庭もまだまだあると思いますが、外の冷たい空気をそのまま入れると、暫くは家の中で凍えることになりますよね…。近年では熱交換式の換気設備というものが出てきていて、外の空気を適温にして中に入れるようなものもあります。高気密高断熱住宅には、熱交換式の換気設備にすることで、より快適になります。また近年問題になっている超微細な粒子のPM2.5や花粉などもシャットアウトするフィルターもつけられるものもありますので、綺麗で快適な空気にしたものを、換気設備から計画的に取り入れるようにするためにも、高気密にしてあげたいものです。そして、気密測定をしなければ高気密かどうかは、わかりません。実際に測定しないと隙間の量は測ることが出来ず数値は出ません。

気密測定とは住宅の隙間の量を計算する検査のことを言います。

この隙間の量はC値という値で示され、この数値が低いほど隙間の少ない気密住宅といわれています。気密測定は、送風機、流量測定機、内外の圧力測定、内外の温度計で構成される気密測定器を用います。気密測定は送風機で、屋内の空気を屋外に追い出していき、その際の風量、また屋内と屋外の気圧差から気密を測定していきます。

実際に測定しないと気密性の数値は出ません。複雑な形の間取りでは気密性を確保することが困難になってきますので、高気密住宅の設計を常に対応している設計士が、しっかりと考慮して設計する必要があります。そして、気密の処理の行い方を熟知している職人さんが丁寧に施工していくことで高気密住宅が実現します。高い気密性能が、断熱材の効果を高めてくれて心地良く過ごせる住宅となります。そのためにも、気密測定を全棟行っています。

気密性能は地域や市町村単位によって要求度合いが異なり、北海道や青森県、岩手県、秋田県など寒冷地ではC値が2.0㎠/㎡以下で気密住宅とされており、それ以外の地域はC値が5.0㎠/㎡以下の住宅を気密住宅とされています。

33坪くらいの家でC値が5.0㎠/㎡だと、隙間がハガキ3枚分くらいになります。

家の一部にハガキ3枚分の穴があったとしたら、どうでしょう…。これでも気密住宅と言われています。一般的な住宅だとC値が10や20くらいとも言われており、ハガキ6枚・・12枚分の穴が空いた状態と同じです。

当社では、愛知県の岡崎市、安城市、西尾市を中心に西三河エリアでの設計施工を行っており、気密測定を全棟で実施。気密性能C値 0.2㎠/㎡以下(名刺の半分以下)の超高気密住宅の建築実績が御座います。

2020年8月時点 直近42棟 自社施工物件 完成時気密測定 平均0.149㎠/㎡

高い気密性を出すためには、材料・工法・設計・施工と全てにおいて配慮が必要です。私たちは建築中・完成時の2回 全棟で気密測定を行っており、建築中の中間での気密測定時にC値 0.3㎠/㎡を社内基準として、クリアーしてから次の工程を進めています。

こんな方におすすめです!

  • 冬の底冷えで足元の寒さが嫌な方
  • 夏の熱帯夜での寝苦しさが嫌な方
  • 花粉やPM2.5で目鼻の炎症で苦しんでいる
  • 近年のウイルス対策の観点からも計画的な換気で、快適な空気環境を求められている方

推奨仕様

・ パッシブデザイン設計
・ 耐震等級3
・ 日射遮蔽対策、遮音対策、調湿対策
・ 長寿命・ローメンテナンス材料選定
・ 外壁 ダブル断熱(内断熱:セルロースファイバー、外断熱:ロックウール)
・ 内壁 紙クロス+ホタテしっくい
・ トリプル樹脂サッシ 0.78W/(㎡・K)
・ Ua値 0.26W/(㎡・K)
・ 気密測定 建築中 完成時2回実施 0.2㎠/㎡以下(2020年8月時点 直近42棟 自社施工物件 完成時気密測定 平均0.149㎠/㎡)

施工対応エリア

・愛知県西三河地域近辺 を中心に県内で実績御座います。

豊明市、みよし市、豊田市、刈谷市
知立市、岡崎市、高浜市、安城市
西尾市、蒲郡市、幸田町、豊川市

体感型モデルハウス

愛知県西尾市に、ご用意しております。

※ 隠れ家サロンとしても地域の方々に開放しておりますので、予約制とさせて頂いております。
クローズしている場合もありますので、事前にご予約お願い致します。

住所:愛知県西尾市丁田町流13-7

名古屋鉄道 西尾駅から徒歩10分程(駐車場完備)。

弊社では実際の家造りを一生懸命、少数精鋭で行なっておりますので、しつこい訪問や電話をすることは行なっておりません。お気軽にお越し下さい。

ご希望のお日にちを、第三希望までお教え下さい。
午前は9時~12時
午後は13時~18時の間でのご案内となります。

またお仕事で、お忙しい方のために夜のご希望も受け付けさせて頂いております。
夜は18時~21時でご都合をお教え下さい。

ご家族で、ゆったりと体感頂き 家づくりの参考にして頂ければ幸いです。

体感ご希望の方は、下記のお問合せフォームよりお問合せ下さい。

体感型モデルハウス見学 ご予約フォーム

必須
お名前
必須
メールアドレス
必須
お電話番号
ご住所
第1希望日
第2希望日
第3希望日
お問合せ詳細

©  竹内工業 株式会社 All Rights Reserved.
PAGE TOP