底冷えしてしまう家の秘密

家の中。なのに、手先足先が凍えるように冷く…。

秋口から冬、春先にかけて 手足の指先が冷たくなる末端冷え性で、さらには底冷えして 体の芯まで冷え込み、ひどい頭痛で悩まれている…。それは家の隙間風が原因かもしれません。例えばダウンジャケットのサイズが合っていなく、袖口や腰回りから風が入り込んできてしまうとせっかくの温かなダウンでも寒かった経験ありませんか?

隙間を無くすことで、しっかり温度をキープしてくれる家になります。魔法瓶のイメージです。

隙間の少ない家づくりを行うために大切なのが、気密性(どれだけ隙間のない家か)を確認(気密測定)しながら家づくりを行うことです。私たちはこの気密測定を、建築中と完成時の2回全棟で行なっています。C値(気密性能を表す値 小さいほど性能がいい=隙間が少ない)0.2/㎡以下 家全体で名刺半分くらいの隙間の建物を建てている実績が御座います。一般的な家だと、ハガキ6〜12枚分にもなってしまうお家もあり、隙間を全部合わせると思っている以上に大きな穴になってしまっていることがわかります。

隙間風によって壁や床が冷まされてくると、いくら家の中を温めても人は寒さを感じるもので、答えは体感温度に関係があります。

体感温度は室温と壁・床の温度の平均で表せます。

例えば室温が22度で壁・床の温度が8度の場合、体感温度は15度となり、室温が20度で壁・床の温度が18度の場合、体感温度は19度となります。

壁・床の温度が極端に低いことが、底冷えの原因です。

断熱材は家全体を包むように、断熱の漏れが無いように計画することが重要です。こうすることで、より少ない暖房でも家全体が温かさを保てるようになります。

体調不良を抱えている人は大抵の場合、体が「冷え」ています。日本で古くから存在した東洋医学には「未病」という言葉があり、未病とは、病気になる前の状態、なんとなく体調がすぐれず、放っておくと病気になりそうな状態の事を指します。

冷えは万病のもと

冷えは万病のもとであり、そのままでは深刻な病気を引き起こしてしまう状態と考えられていました。未病のためには、特に日々の生活の中で体を冷やさない工夫が必要とされています。

推奨仕様

・ パッシブデザイン設計・ 日射遮蔽対策、遮音対策、調湿対策
・ 耐震等級3
・ 長寿命・ローメンテナンス材料選定
・ 外壁 ダブル断熱(内断熱:セルロースファイバー、外断熱:ロックウール)
・ 内壁 紙クロス+ホタテしっくい
・ トリプル樹脂サッシ 0.78W/m 2・K
・ Ua値 0.12W/(㎡・K)
・ 気密測定 建築中 完成時2回実施 0.2㎠/㎡以下

施工対応エリア

・愛知県西三河地域近辺 を中心に県内で実績御座います。

豊明市、みよし市、豊田市、刈谷市
知立市、岡崎市、高浜市、安城市
西尾市、蒲郡市、幸田町、豊川市

体感施設

ストレスフリーな家が、ここにあります。

冬でも裸足でいられる家。
家の中で洗濯物が、カラッと乾く家。
夏でも空気がサラサラな家。
お風呂にカビが生えてこない家。
お風呂に入る際の脱衣場で、ぶるっとしない家。
小さなお子様が、お風呂から出た後 風邪を引かないか心配にならない家。
真冬の明け方、お布団から出るのが辛く無い家。
朝起きてすぐでもキッチンの床が冷たくない家。
家の中で、厚着をしなくていい家。
目の前の道を通る、夜中のクルマの音がしない家。
花粉が気にならない家。
大地震時でも、不安を感じない家。

一つでも理想に思っていたことありましたか?

普通では、なかなか信じられないと思われることですが、
それを体感いただける家を創りました。

実際に見てみないとわからない、実際に体感してみないとわからない…”百聞は一見に如かず”ということは、よくあると思います。愛知県西尾市 名古屋鉄道 西尾駅 徒歩10分程度の場所に、ご用意しております。

弊社では実際の家造りを一生懸命、少数精鋭で行なっておりますので、しつこい訪問や電話をすることは行なっておりません。お気軽にお越し下さい。お友達と気軽に来ていただくことも歓迎です。ゆったり体感頂けるようにお飲み物も用意しておきますね。

体感ご希望の方は、下記のお問合せフォームよりお問合せ下さい。

体感施設見学 ご予約フォーム

必須
お名前
必須
メールアドレス
必須
お電話番号
ご住所
第1希望日
第2希望日
第3希望日
お問合せ詳細

LINEで送る
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

©  竹内工業 株式会社 All Rights Reserved.
PAGE TOP