本気の家づくりは気密性能抜きでは語れない
気密測定はこちらから

愛知県の気密測定は竹内工業へ
実績:2015年より気密測定160回以上

隙間が多いことを、住宅の建築では「気密性能が低い」と言います。気密性能が低いと冬場は外からの冷たい空気が、特に床近くの隙間から入ってきて底冷えの原因となります。また夏場はジメジメした熱い空気が隙間から入ってきます。花粉やPM2.5など目に見えないくらい小さな粒子なども隙間を通って 不快な状態の空気が入って来るわけです。

ストレスフリーな家には「高い気密性能」が欠かせません。

タイトルとURLをコピーしました